住宅ローンランキングでどこがいい?

住宅ローンランキングおすすめの銀行は?

見出し

「住宅ローンはランキング上位の銀行を選べば大丈夫?」「希望ピッタリの物件があったので住宅ローンの申し込みをしたいけれど提携ローンだと損しそう…損しない銀行は?」「おすすめの住宅ローンはどこでですか?」そんなお悩みをお持ちの方にまずは当サイトの結論からご紹介します。住宅ローン探しが不安な方に当サイトのランキングの中から一番におすすめするのが「じぶん銀行住宅ローン」です。じぶん銀行はネット銀行だから全国どこからでも利用できる。低金利と充実したサービスで選ばれています。特に変動金利や短期固定金利の住宅ローンを探している方に最適です。すでに多くの方が利用している利用実績の多さも安心して申込みできる理由のひとつ。まずは仮審査やシミュレーションを試してみてください。

住宅ローンおすすめランキング!(2018年10月 金利比較最新版)

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • いろいろお得な6つの0円で選ばれる
矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 最安水準の低金利・支払い総額を削減
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障保険料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 借り入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 手数料・諸費用が安く返済総額をおさえられる
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円~
  • 日本全国どこからでも借りられる
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利を達成
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 全国に100以上の店舗展開、安心のサポート
  • 7年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利諸費用を含めトータルでお得
  • 事務取扱い手数料54,000円~162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 将来に備えるコントロール返済
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


住宅ローンランキングでおすすめする銀行の条件は?

相談

住宅ローンランキングでは金利や手数料、保証料や団信生命保険、繰り上げ返済まで多くのポイントをきちんと比較しておすすめ銀行を選んでいます!

 

逆に言えば一般の方が金利や手数料を比較し、借り入れ条件のいい本当にお得な住宅ローンを見つけ出すのは至難のワザ。だから、銀行選びで困ったら迷わず当サイトのランキングをチェックすることをおすすめします!

 

住宅ローンランキングならあなたが一番欲しい情報もすぐに見つかるし、どの金融機関が優れているのかも一目瞭然。

 

今一番お得な銀行が時間をかけずにすぐにわかるのが当サイトの住宅ローンランキングの一番のメリットなのです。

 

広告や宣伝、ネットの口コミで一見お得に見えた銀行もさまざまなポイントを比較すると実は結構損をしてしまうということも実際にありえます。銀行選びで損したり、失敗を後悔しないためにもランキングを活用してください!

 

また住宅ローン借り換えでお悩みの方も現在の金利水準ならお得になることが多いはずです。当サイトでは住宅ローン借り換えランキングももちろん用意していますので是非活用してください。

 

実は住宅ローンランキングおすすめ銀行を選ぶ際には金利比較が重要になるのは当然ですが、大事なポイントはそれだけではありません。

 

特に現在はいわゆるアベノミクスの効果によって円安と株価の上昇がみられます。またトランプ大統領のまさかの当選によって金利の動きも活発化!

 

これまでは住宅ローン金利は一貫して下がる傾向にあったため、変動タイプが人気となっており、ほとんどの方が変動タイプを選ぶという状況がありました。

 

しかし、株価が上昇し景気が良くなってくるとその状況も変化してきます。変動金利タイプを選ぶ場合には特にこの先の動向に注意しなければいけません。

 

これまでの推移と今後の金利動向を考えた時、ベストな住宅ローンは何なのかを考えなければいけないのです。

 

これまでは株価が上がるとそれに遅れて住宅ローン金利も上がっていくという傾向がありました。

 

現在はまだはっきりとしたその傾向は見られません。この先消費税率のアップも控えています。

 

低水準のいまだからフラット35の長期固定金利を選ぶべきなのか、それともまだ低いうちは変動タイプを選んでおいて、将来的に借り換えで対応したほうがいいのか多くの方が頭を悩ませるはずです。

 

そういったことも踏まえて、条件の良い銀行を選ぶことがこれまで以上に大切になります。

 

当サイトの住宅ローンランキングおすすめの銀行をしっかりと比較すれば損しない選び方ができるはずです!

 

住宅ローン金利ランキングの比較方法は?

イメージ

多くの方が住宅ローンランキングで銀行比較を行って最も条件のいいところを探しているのではないでしょうか?

 

それぞれの金融機関が毎月金利を決めています。その為、同じタイプの場合は大きく差が出ない事が多く繰り上げ返済や借り換えの条件など付加価値をアピールする商品も少なくありません。

 

大きく変わってくる部分としては固定型(5年~50年)と変動型(0.5年~2年)になると同じ金融機関でも違いが出ます。

 

ネットバンクは全体的に条件がよく現在は一番のおすすめになります。ネット銀行ならではのサービスは他ではなかなか得られません。

 

現在インターネット上には住宅ローン比較したサイトが多く存在します、そういった比較サイトやランキングを利用する事は今では損しないために必須の手段の一つです。

 

ただしサイトの更新状況などを確認して最新の情報でないと意味がないので注意が必要です。

 

金利割引キャンペーンなどは期間が決まっていることが多いですし、フラット35Sの金利優遇も実は期間が決められているのです。なので銀行選びをしているときは最新情報をしっかりチェックして少しでも得できるポイントを探すことをおすすめします。

 

金利割引や、キャンペーンを上手く利用すれば長期固定でも変動金利に近い低さで借りられるので近々家を建てる予定のある人にはオススメです。

 

それぞれの商品を比較するには最終的な返済額をシュミレーションして総支払い額や返済期間などを細かく分析する事が大事になります。

 

住宅ローンランキングおすすめの銀行をチェックしていけば、手間をかけずに今一番お得なものを見つけることも簡単なはずです。

 

住宅ローン金利比較の重要性とは?

イメージ

住宅ローン金利はどの金融機関でも毎月見直しが行われます。そのため条件のいい銀行を見つけるためには金利比較が絶対に必要なのです。

 

条件のいい人気住宅ローンランキングでおすすめされている銀行を選べば、他と比較して金利が高かった!諸費用が高すぎる、毎月の返済額が思っていたよりも高い!といった失敗をすることもありません。

 

35年後まで無理なく返済し続け、完済するためには条件のいい住宅ローンを選ぶことが何よりも大事になります。

 

銀行の選び方で失敗しないためにも住宅ローンランキングおすすめの銀行をチェックしておいてください。

 

これから先は金利が次第に上がっていくだろというのがこれまでの大方の見通しでした。

 

しかし、アメリカのサブプライムローンから始まった金融不安は世界的な広がりを見せ、金融機関の資金調達にも影響が出始め、日本においても実質的にはゼロ金利政策が復活。さらにはマイナス金利に突入と、借り手にとってはかなり条件がいいのが今なのです。

 

しかし、トランプ大統領就任のトランプショックにより状況が変化してきていることも見逃せないポイント。

 

一般的に不景気時は公定歩合が下がるために金利も下がるといわれていますが、今回の場合、金融機関によってその対応に違いが出始めています。銀行だけを比較してみてもインターネットバンクは徹底的にサービスを向上させるなど戦略に違いが見られます。

 

全体の傾向としては資金繰りの悪化で、多少上がるのではないかという観測が多く、しばらくは上昇傾向が続く可能性があります。また日本の国債の格下げによって長期プライムレートの上昇が予測されるなど状況は予断を許しません。

 

現在まさに借り入れを検討している方はもっともっと安くなるかもと先延ばしせず、今の水準で比較検討を進めて早急に決めてしまうことをおすすめします。

 

今後の金利動向を分析していくとどうやら長期的にみると今後は上昇基調になることが予想されます。

 

当サイトは住宅ローンの金利にこだわり徹底的に比較して優れた銀行をランキング形式でご紹介しています。あなたのお力になれるよう研究を進めていきますのでどうぞよろしくお願いします。

 

じぶん銀行住宅ローンがおすすめの理由は?

サムネイル

当サイトの住宅ローンランキングで1位のじぶん銀行住宅ローンがおすすめの理由についてここでひとつひとつ詳しく説明します。

 

まず現在の住宅ローン選びで重視しなければいけないポイントを確認しておくと。

 

  • 保証料0円
  • 団信生命保険料0円
  • 低金利

以上の3点をクリアしている銀行を選ぶことが無駄な出費をおさえ、損をしないために必要になります。

 

住宅ローンを選ぶ際はまずこの3点を満たしている銀行を選ぶことからはじまるのです。

 

じぶん銀行住宅ローンはもちろんこの3点をすべて満たしています。さらにいえばそれ以上の優れたサービスを提供しているからおすすめできるのです。

 

それでは、じぶん銀行のメリットをまとめます。

  • 変動・短期固定金利が最低水準
  • いろいろお得な0円
  • 団信保険が充実
  • がんと診断でローン残高が半分に
  • 前年度年収200万円から
  • 仮審査最短即日回答のスピード審査
  • 契約まで最短10日
  • すべての手続きがネットで完結

特に重要なポイントだけでも以上のような優れた点があります。

 

じぶん銀行住宅ローンは審査の申し込みやすさ・金利や諸費用の安さ・充実した保障などトータルでの条件の良さでおすすめなのです。

 

金利の安さについては変動金利・短期低金利が特におすすめとなっており、現在の低金利の状況を最大限に活用して行きたいという方にとってもまず最初に選ぶべき銀行になっているといえるでしょう。

 

団信保険ではがん保障特約(2分の1)の保険料・一般団信保険料が0円。がんと診断されると住宅ローンの残債が半分になるがん保障特約が最初から0円で加入できるのです。

 

また持病を持っている方でも住宅ローンを借りることができる場合があるワイド団信や11疾病保障団信など保障が充実しているため健康面で不安がある方、将来のリスクにしっかりと対応したい方にも最適な選択肢となっています。

 

諸費用については保証料・収入印紙代・一部繰上返済手数料・返済口座への資金移動などすべて0円。住宅ローンを借りる際に大きな負担となる諸費用を安くおさえることが可能です。

 

またじぶん銀行住宅ローンはネット銀行ならではの審査スピードの速さにも注目が集まっています。

 

仮審査の回答は最短即日回答、仮審査を申し込んだその日のうちに結果がわかる場合もあるのは驚きです。本審査も申し込みから契約まで最短なら10日間。既存の銀行では考えられないオペレーションの早さも大きなメリット。

 

住宅ローンはそれほど急いで借りなければいけないというものではありませんが、それでも急ぎの場合でも充分に対応できるスピード審査は魅力です。

 

反対にじぶん銀行住宅ローンにはデメリットは無いのでしょうか?

 

じぶん銀行住宅ローンで一つだけ惜しい点を挙げるとすれば長期固定金利が高いということです。

 

じぶん銀行住宅ローンの場合20年~35年の長期固定金利が高くなっています。固定金利の住宅ローンを借りたいという方は住信SBIの住宅ローンやフラット35がおすすめになります。

 

それ以外の面では特にデメリットといえる点はありません。